どうやったら汗を押さえる効果を発揮できるのか?

サラフェプラス

 

汗を抑える効果をグッと高める!

 

普段の生活の中で思いもよらぬ時に顔汗が出て困ったことはありませんか?

 

自分自身も不快感があるでしょうし、何より他の人の目が気になりますよね。

 

「誰かに見られていないか?」

 

「注目を浴びて笑われていないか?」

 

実は汗をかく原因は3つある言われています。

 

1.温熱性(運動や気温が高いと時に体温調節する汗)
2.精神性(緊張などからくる汗)
3.味覚性(辛いものを食べた時に出る汗)

 

この中でも精神性の汗って、意識すればするほど止まらずに悪循環を起こしてしまいます。

 

そこで今回はそんな顔汗を止める方法を紹介したいと思います。

 

顔汗を止めるツボを押す方法

サラフェプラス

 

顔汗を止める方法として、汗を抑えるツボを押すことでも制汗効果があると言われいます。

 

詳細については、 トップページ に記載しているので参考にして下さい。

 

ツボ押しは即効性はあまりありませんし、科学的に効果が認められているわけではありません。

 

ただ、精神性の汗の場合は、ツボを押していることで精神的に安心する部分はあると思いますので、試してみてください。

体を冷やすことで止める方法

サラフェプラス

 

主に温熱性の汗には、体を冷やすことで汗を抑えることが出来ます。

 

汗が止まらないときや噴き出す汗を止めたいときは、リンパ節を冷やすのが効果的です。

 

リンパ節は、首の後ろ・左鎖骨下・脇・太もものつけね・ひざ裏などあります。

 

また、太い血管を冷やすことでも、体にめぐる血液の温度を下げることで、汗を抑える効果があります。

 

顔汗の場合は、首の後ろ濡らしたハンカチ冷えたペットボトルを当てて冷やすと効果があるので、是非試してみてください。

リラックスすることで止める方法

サラフェプラス

 

テレビで不倫会見(例としてどうかとも思いますが、比較的分かりやすいと思うので)などを見てると、大量に顔に汗をかいているシーンを見たことがあるのではないでしょうか?

 

これは、緊張からくる精神性の汗で、よく言うところの【冷や汗】ですね。

 

発汗を促している交感神経が刺激されて起こる症状で思った以上に大量の汗をかいてしまいます。

 

大事なプレゼンなど人前で話しをすると時にも同じような症状で汗をかいてしまうことが多いといわれています。

 

まずは、緊張を和らげることが必要です。

 

とは言え、「分かっているけどかいてしまう!!」といった声が聞こえそうですが、大きく深呼吸するだけでも症状を抑えることもあります。

 

また、リラックスを生み出す腹式呼吸も試してみる価値があるのではないでしょうか?

 

実は、自律神経は自分の意志でコントロールすることはできませんが、唯一呼吸法が意図的に行える手法とも言われているので、日頃から腹式呼吸を意識しているといったことでも、リラックスを得られますので、試してしてみてください。

 

※ 腹式呼吸の参考ページ 

 

 ココをクリック ⇒ 日経電信版

制汗剤を使って止める方法<

 

顔用の制汗剤を使うことも発汗を抑える有効な手段です。

 

さまざまな制汗剤が発売されていますが、そのほとんどが脇や背中、胸元など顔以外に使うものです。

 

顔汗には顔汗専用の制汗剤を使うようにしましょうね。

 

女性の方は、メイクの下地代わりに使用して、後は普段通りに化粧をするだけで大丈夫です。

 

顔用の制汗剤でオススメはコチラです ⇒ 顔汗予防にサラフェプラス

 

シャワーで済まさず浴槽につかる方法

サラフェプラス

 

最近は浴槽につからずにシャワーで済ましてしまう人も多いのではないでしょうか?

 

実はその方法は汗とも密着につながっているんです。

 

どういうことかと言うと、体の汗腺が刺激されずに汗腺機能がしっかり働くなってしまいます。

 

精神性の汗は自律神経の乱れから体温調節機能が上手く働いていないといわれていますが、汗腺機能を鍛えることで改善が期待できます

 

そのためには、シャワーなどで表面的に汗を流すのではなく、浴槽につかりしっかりと汗腺を活性化するように心がけましょう。

 

また、浴槽につかる場合もぬるめのお湯での半身浴がオススメです。

 

ダイエット効果デトックス効果もありますので、女性にとっては嬉しい効果も期待できますよ。

冷房を控えて暑さに慣れる方法

サラフェプラス

 

今は1日の多くの時間を空調が効いた室内で過ごすことが多くなってきています。

 

特に夏場になって冷房が効いた部屋からちょっと外出するだけで、大量の汗をかいてしまったことはないでしょうか?

 

【暑熱順化】 という言葉を聞いたことはないでしょうか?

 

私たちの体は、熱さにさらされたとき体温が上昇しすぎのを防ぐために、熱を体の外に逃がそうとする機能が2つ備わっています。

 

 

@ 皮膚血流反応

 

皮膚の血管を拡張させて血流を増やします。

 

血液から皮膚に熱が移って熱を外に逃がす反応のことを言います。

 

 

A 発汗反応

 

皮膚血流反応だけでは熱を逃がすことが出来ない時に発汗し、蒸発する時の気化熱によって熱拡散が行われます。

 

 

このようにして暑さに対応できる体になることを 【暑熱順化】 といいます。

 

この機能は暑さに身をおくことで鍛えられる機能のため、冷房の効いた部屋でばかり過ごすとその機能が鍛えられません。

 

そのため、暑い環境に身を置いた時に必要以上に汗をかいてしまうことになります。

冷たい飲み物を摂りすぎない

サラフェプラス

 

暑くなるとよく冷えた飲み物を一気に飲みたくなりますよね。

 

ほかにもアイスクリームやかき氷などが欲しくなりますが、冷たいものは胃を収縮させてしまいます。

 

胃からの吸収が悪いため、却って汗をかきやすくなってしまいます

 

もちろん熱中症を予防するために水分をしっかり摂ることは非常に重要なことですが、できるだけ冷やしていないものか温かいものを飲むことで胃にしっかり吸収されるので、結果的に汗をかきにくくすることができます。

 

ちょっとつらいですが、習慣化してしまえば以外と続くもんなので、是非試してみてください。

適度な運動を取り入れる方法

サラフェプラス

 

私たちの体は冷える状態が続くと汗の量が減少し、汗腺が休止した状態になってしまいます。

 

体の中でも顔の汗腺はよく動くので、他から汗をかかない分、顔から多くの汗が噴き出してしまいます

 

そんな時におすすめは、有酸素運動で1日30分ほどでも行うことで、代謝の良いからだに改善することができます。

 

実は入浴と同じで、普段からしっかりと適量の汗をかくように習慣付けることで、極端に顔にだけ汗をかくといった症状が改善されます。

まとめ

この記事では、顔汗の改善方法をご紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

 

一つでもかまいませんので試してもらって、バランスのよい汗をかくことが実感できると他の方法も積極的に試せるのではないでしょう?

 

顔汗は誰でも嫌なのものですが、一時しのぎの方法で対処療法をやっているだけでは根本的な改善につながりません

 

からだに良い運動や食事、睡眠を摂ることで体全体を改善し、顔汗が起こりにくい体質作りを目指しましょうね。

 

顔汗やカラダの汗で悩んでいる方で何とか汗を抑制したい人はサラフェプラスの口コミや評判をしらべてみた!顔汗に効果があるのかから詳細を確認してみてください。