顔汗が異常なほど多いときは病院にいくべきです

サラフェプラス

 

顔汗がひどくて耐えられない!病院は何科に行く?

 

あなたのその顔汗、そのまま放置しておいても大丈夫ですか?

 

運動もしていない、緊張もしていないのに顔汗がだらだらと止まらない。

 

それってもしかしたら、何かの病気かもしれません

 

汗の量がひどい場合には、治療が必要ですが、病院でもどの科に行ったらいいかわからないですよね。

 

そこで、そんな場合にどんな病院の何科に行ったらよいのか、そして、どんな治療を受けるのかを紹介したいと思います。

 

ひどい顔汗を起こす疑うべき病気とは?

だれでも暑ければ汗をかきますし、個人差はありますが、緊張するような場面では顔などに大量の汗をかいてしまうことってありますよね。

 

でも、一時的なものであれば、制汗剤などで防ぐことができますが、その症状 もしかしたら多汗症 かもしれません。

 

顔だけでなく手にも大量の汗をかくので、使っているパソコンやスマホが故障する原因になる人もいるくらいです。

 

こんな重症の多汗症患者はなんと全国に推定80万以上

 

そこで、以下に多汗症の症状を複数上げてみますので、自分が当てはまるかチェックしてみてください。

 

・手汗で書類が湿って染みになる
・顔汗がひどくて他人の目が気になる
・汗が気になると余計に症状がひどくなる
・手の汗が気になって握手ができない
・顔の汗で化粧が崩れる
・汗のニオイが気になって人との距離を開けてしまう。
・汗で下着や服が黄ばんでしまう

 

結構思い当たるふしがありませんか?

 

汗をかく程度がそれほどひどくないなら、サラフェプラスなどの制汗剤でも大丈夫です。

 

⇒ 顔汗予防にサラフェプラス

 

ただ、当てはまる項目が多くなると日常生活に支障をきたすレベルになってきますね。

顔面多汗症の場合は病院のどこの科を受診する?

顔面多汗症は完治するのが難しいといわれていますが、医療機関を間違えなければ治療可能な病気です。

 

多汗症専門外来、発汗異常外来など多汗症を専門に扱う病院も都心などにはありますが、全国的に見るとまだまだ少ないのが現状。

 

そのため、「多汗症かな」と思ったら、近所のクリニックでもいいので、皮膚科に行って原因と症状を調べてもらいましょう。

 

サラフェプラス

 

そこで、紹介状をもらって大きな病院で該当する科を受診するのが一番スムーズです。

 

最初から大きな病院でも見てもらうことはできますが、たいていの場合、紹介状が必要。

 

紹介状がない場合、初診の際に別途5,000円程度の費用がかかる場合がほとんどです。

 

緊急に処置が必要な場合でないので、5,000円でも勿体ない・・・

 

クリニックから大きな病院への紹介がもっとも費用も少なくて、専門家のいる病院を紹介してくれるケースが多いのでオススメです。

 

サラフェプラス

顔面多汗症のような局所性の多汗症のチェック項目

汗の程度によって、さらに詳しく局所性多汗症かどうかを見極める基準が決められています。

 

上記のチェック項目よりもより医学的な日本皮膚科学学会のガイドラインは以下のように決められています。

 

@ 原因となるような疾患がないのに、半年以上発汗が継続する
A 日常生活に支障をきたすほどの汗をかく
B 手のひら・足の裏・わきなどの部分に左右対称に汗をかく
C 週に1回は大量に汗をかいてしまう
D 寝ている時にはまったく汗をかかない
E 家族や親戚に多汗症の人がいる
F 一番最初に症状がでたのが25歳以下である

 

どうでしたか?

 

@は大前提なのですが、A〜Fの内2つ以上のチェックがついてしまった人。

 

あなたは局所性多汗症かもしれません。

 

さらに顔汗について詳しくみると耳、側頭部、後頭部、前額部からしたたり落ちる程大量の発汗があって、通常数分で治まる汗が、数時間から1日中続く場合は、顔面多汗症である確率が高いですね。

顔面多汗症の場合の病院での治療法

自分が顔面多汗症ではないかと思ったときに気になるのは治療法ですよね。

 

私も基本怖がりなので、痛みを伴うものだったら辛いです。

 

ここでは参考に代表的な顔面多汗症の治療法と気になる治療にかかる費用を挙げてみます。

 

 

@ 塩化アルミニウム塗り薬

 

サラフェプラス

 

・治療方法

 

塩化アルミニウム溶液を処方してもらい、寝る前に顔に塗って朝洗い流す

 

・健康保険

 

塩化アルミニウムは健康保険適用外

 

・費用

 

3,000〜6,000円

 

・その他

 

痛みは伴わない。ただし、肌の弱い人はかぶれる可能性がある。

 

 

A ボツリヌス注射

 

サラフェプラス

 

・治療方法

 

汗腺に司令を送る「アセチルコリン」の放出を抑制する治療法

 

・健康保険

 

顔の多汗症の場合は、保険適用外

 

・費用

 

10万円とかなり高額

 

効果は高いものの握力や筋力の低下を伴うような副作用の危険性があります。

 

 

B 抗コリン剤

 

サラフェプラス

 

・治療方法

 

アセチルコリンの放出を抑制するない服役で、代表としてよく使われるのはプロバンサイン

 

・健康保険

 

病院での処方であれば健康保険適用可能

 

・費用

 

病院での処方であれば、1,000円前後

 

抗コリン剤の場合は、局所的な治療ではないので、局所性多汗症にはあまり向いていないとされています。

 

また、医薬品なので副作用として、のどや目の乾き、尿量が減少するといった報告も気になりますね。

 

抗コリン剤のプロバンサインは汗を一時的に効果はありますが、汗かき体質を改善する効果はありません。

 

どの治療法を選ぶかは、しっかりかかる費用と効果も含めて担当医と打ち合わせしましょう。

顔汗の場合でもサラフェプラスなどの制汗クリームなどで、汗をある程度抑えることは可能です。

 

ただ、重症な場合は、専門家の判断を仰ぐ必要がありますね。

 

注射ぐらいの痛みはありますが、ひどく痛む治療法ではないので、本気で顔汗に悩んでいるならば、一度病院でしっかり診断してもらい、治療することをオススメします。

 

顔汗で悩んでいる方で制汗剤で何とか汗を抑制したい人はサラフェプラスの口コミや評判をしらべてみた!顔汗に効果があるのかから詳細を確認してみてくださいね。