サラフェプラスの口コミ・評判は本当か?それとも嘘か?

サラフェプラス

 

緊張すると汗が止まらない!なんとかしたい!

 

異性と話しをする時や、人前で話をすると時に緊張で汗が止まらなくなって困ったあことはありませんか?

 

そんな時の改善方法を紹介したいと思うので参考にして下さいね。

 

汗の種類と緊張との関係とは?

汗の種類を大きく分けると精神性発汗と温熱性発汗、味覚性発汗に分けることが出来ます。

 

温熱性発汗と味覚性発汗については、外部からの刺激を受けて発汗するものなので、主に【温熱性発汗】【精神性発汗】の2つに着目したいと思います。

 

【温熱性発汗】は、体温や皮膚温の温度情報と運動中には、筋肉からの情報を脳の体温を調節する中枢がキャッチして、汗を出す命令を発信されることで起こります。

 

この場合は手のひら、足の裏以外の全身で発汗され、上がった体温を下げる働きがあります。

 

サラフェプラス

 

一方【精神性発汗】は精神的な変化によって出る汗で、手のひらや足の裏、脇などの限られた部位で発汗が起きます。

 

実は【精神性発汗】のメカニズムは現代医学でもよくわかっていません。

 

【温熱性発汗】と【精神性発汗】は独立したメカニズムで起こりますが、まったく関係がないわけではありません。

 

例を挙げると、全身に汗をかいている状態で、精神的な刺激が加わると、全身の発汗も増加したりします。

 

緊張した時に起こる汗は、人がサルのように木の上で生活していたときの名残で、敵からすばやく逃げたりすると時に、手足が滑らないように湿気を与える役割を果たしていたのではないかとの説もあります。

 

また、多くの人が体験し、どうにかしたい脇汗は、ワキガなどのようにニオイを発生しますが、フェロモンの役割をしていたという説もあるんですね。

 

今では、異性の汗で、顔汗とともに忌み嫌われる汗の代表になっています。

 

緊張汗(精神性発汗) 温熱性発汗
発汗理由 ストレス・緊張・自律神経の乱れ 環境変化や運動により体温維持が必要のため
汗腺の種類 エクリン腺・アポクリン腺 主にエクリン腺
汗の成分 タンパク質、ミネラルなどを含んだ脂質 99%が水
ニオイの有無 ニオイが強い ニオイはほとんどしない
主な発汗場所 手・足のうら・脇などの限られた部位 全身

制汗剤などで汗を止める方法

ここでは、汗を抑えるために制汗剤を利用する方法を紹介します。

 

世の中にはさまざまな制汗剤が販売されて、コンビニなどでも手に入りいます。

 

ただ、顔汗に使えるものは、一般に市販されているものは少なく、通販などで販売されています。

 

ここでオススメするのは、「顔用制汗剤サラフェプラス」です。

 

サラフェプラス

 

 

特   徴 日本初の顔用制汗剤で有効成分で汗の出口に蓋をして汗を抑えながら、敏感肌にも対応
有効成分 フェノールスルホン酸亜鉛・シメン-5-オール
全成分 シャクヤクエキス、ワレモコウエキス、大豆エキス、茶エキス-1、オウゴンエキス、ユキノシタエキス、タイムエキス-1、エイジツエキス、ε−アミノカプロン酸、サクラ葉抽出液、牡丹エキス、水添大豆リン脂質、スフィンゴ糖脂質、濃グリセリン、天然ビタミンE、ステアロイルフィトスフィンゴシン、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、ジメチコン、架橋型ジメチコン、シクロペンタシロキサン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、イソノナン酸イソトリデシル、グリチルレチン酸ステアリル、ビタミンCテトライソパルミテート、塩化Na、クエン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール、BG、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、メントール、香料
内容量 30g(約1ヶ月分)
価格 定期コースで初回3,218円税込 2回目以降5,918円税込(詳細は以下公式ページ参照)

 

サラフェプラスの最安値は公式ページから

↓↓↓↓

 

顔汗予防にサラフェプラス

緊張を抑える方法を試してみる

精神性発汗の原因は、緊張によるものです。

 

それを抑えるためには、緊張せずにリラックスすることが効果的です。

 

「それが出来れば苦労しない」と言う声が返ってきそうですが、

 

以下にリラックスできる方法を紹介したいと思います。

 

 

1. 呼吸で抑える

 

一番簡単な方法は、「深呼吸」です。

 

サラフェプラス

 

緊張の原因というのは、自律神経の一つである交感神経が活発になることから起こります。

 

自律神経というのは、人が自分の意識でコントロールできるものではなく、内臓などの働きも調整しています。

 

血圧を下げようと頑張っても、自分の力ではどうしようもありませんよね。

 

ただし、自分の意志でコントロールが唯一可能なとが「呼吸」です。

 

先ほどの血圧も、深呼吸をするとある程度低下させることが可能です。

 

(一度試して見られたらいいかと思います。)

 

深呼吸する際には、腹式呼吸をするのが最も効果的です。

 

【腹式呼吸の方法】

 

・背筋を伸ばして、鼻からゆっくり息を吸い込む
・おへその下に空気を貯めるようなイメージでお腹を膨らませる
・口からゆっくりと息を吐き出す
・その時は、吸った時の倍くらいの時間をかける
・回数は1日5回くらいから慣れれば20回くらい

 

 

2.自律訓練法

 

1932年にドイツの精神医学者であるH・シュルツ教授が始めた方法で名前ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

イスに座って行う自律神経法の流れを紹介します。

 

@ 準備と姿勢

 

両手を軽く腿の上においてイスに深く腰掛ける
その時は、頭のてっぺんから吊られている感じで、背中をまっすぐ伸ばしリラックスする

 

A 6つの公式

 

第1公式(四股の重感):手足が重たい

 

気持ちが落ち着いたら、最初は、利き手に意識を向けて、重さをただ感じるようにします。
同時に「利き手が重たい」と唱えます。片手ずつ行い、両手も一緒にやってみましょう。

 

あと、第2公式〜第6公式まであります。

 

慣れてくれば少しずつ増やしていきましょう。

 

方法は第一公式と同様に意識する箇所が変わるだけになります。

 

第2公式(四股の温感):手足が温かい

 

第3公式(心臓調整):心臓が静かに打っている

 

第4公式(呼吸調整):楽に呼吸している

 

第5公式(腹部温感):お腹が温かい

 

第6公式(額涼感):額が心地よく涼しい

 

B 消去動作

 

両手を強く握ったり開いたり、両手を組んで大きく伸びをしたり、自己催眠状態からさめる動作を行う。

 

慣れてくればちょっとした隙間時間でも行うことが出来るようになるので、気分転換する時など気楽に行いましょう。

 

 

3.脱力感を得られるリラックス法

 

筋弛緩法とも言われ、筋肉に力をギュッと加えて、一気に脱力することで緊張をほぐす効果があります。

 

基本動作は、

 

@ ほぐしたい部位に対して80%ぐらいの力で10秒弱の間、力を入れる

 

A ふっと一気に力を抜いて10秒ほど脱力する。

 

この動作を首、肩、腰で行う。

 

この方法の良い点は、リラックス効果だけでなく肩こりや腰痛にも有効な点ですね。

 

 

4.森田療法

 

森田療法では人前で話すときには、誰でも多少は緊張したり、不安になったりするもので、それを直接排除しようとしない考え方をします。

 

つまり、緊張として「あるがまま」に受け入れて、やらなければいけないことに集中することを推奨しています。

 

例えば、人前でスピーチする時には、自分が緊張することに意識を向けず、スピーチする内容に意識を向けて目的本位で行うことを推奨しています。

 

ただし、この方法を行う場合には、専門家の指導を仰いだ方が賢明ですので、我流でやるのは避けましょうね。

医薬品を処方してもらって発汗を抑える

これは最後の手段ですが、どうしてもリラックスできない人には、薬を処方してもらいましょう。

 

有名なものとしては、精神科などで処方しているプロバンサインという抗コリン剤です。

 

人が汗をかく時には、脳から体温を下げるように命令が出て、その司令が交感神経に伝わります。

 

すると交感神経からアセチルコリンという物質が分泌されて汗腺から汗が出ます。

 

抗コリン剤はアセチルコリンの働きを抑制するため、汗が出づらくなります。

 

 

また、漢方薬の中にも不安感を和らげる薬があります。

 

サラフェプラス

 

もっとも有名なものとしては、「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」「桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)」です。

 

市販や通販でも手に入りますが、体質などもあるので、医者に相談することをオススメします。

 

実は薬の効果は、もちろん医学的な根拠もあるわけですが、「薬を飲んでいるから大丈夫!」という安心感が生まれることが大きなメリットです。

 

心療内科や精神科など受診するのには抵抗感があるかとは思いますが、思い切って受診してみるのも一つの方法です。

まとめ

今回は精神性発汗について、その原因と対処法を紹介しました。

 

汗の悩みは思ったよりも多くの人が経験しているので、自分だけ特異だと思い込まないようにしましょう。

 

まずは、制汗剤や紹介したリラックス方法を試してみて、あまり効果がない場合は専門家に見てもらいしょう。

 

顔汗やカラダの汗で悩んでいる方で何とか汗を抑制したい人はサラフェプラスの口コミや評判をしらべてみた!顔汗に効果があるのかから詳細を確認してみてください。