サラフェプラスの使い方で内服薬も一緒に使うとより効果的?

サラフェプラス

 

制汗剤には大きく分けると汗をかく部位に直接クリームやスプレーを塗って汗を抑える外用薬(塗り薬)を使う方法と時間はかかるものの根本的に体の内側から改善する内服薬を使う方法があります。

 

制汗クリームであるアセカラットと内服薬(アセカラット)のメリット・デメリットを調べてみました。

 

外用薬(サラフェプラス)のメリット

サラフェプラス

 

・伸びが良く必要な分だけ使える
・少量で良いので経済的
・落ちにくいので効果が強い
・効果が長持ちする
・ある程度の即効性がある
・内服薬よりも副作用が軽い

外用薬(サラフェプラス)のデメリット

サラフェプラス

 

・効果は高いが価格も高い
・速乾性はやや劣ってい
・内服薬のように根本的な治療にはならない

内服薬(アセカラット)のメリット

サラフェプラス

 

・顔だけでなく全身に効果が表れる
・悩みが深く絶対に防ぎたい時に向いている
・時間を決めて飲むだけなので時間と手間がかからない
・外用薬より時間はかかるが効果が強い

内服薬(アセカラット)のデメリット

サラフェプラス

 

・部分的に汗を抑えることはできない
・外用薬よりも重い副作用がでる可能性がある
・即効性がない

まとめ

どちらも一長一短ですね。

 

費用はかかりますが、どうしても汗の悩みが深い場合は、併用するという選択肢もあります。

 

特にサラフェプラスとアセカラットは、株式会社ハーバーリンクジャパンの商品です。

 

同じ制汗剤でも体への働きはまったく違いものです。

 

目標としているのは、いずれも汗を抑制することなので、働きの違う方法で悩みにアプローチしているので最強の組み合わせといえますね。

 

⇒ アセカラットの詳細はコチラ